2022年04月15日

短時間のレッスンを始めます

最近、もう少し短いレッスンがあれば通いたいというお話をいただくことが増えました。

そこで、近々50分か60分のコースを始めようと計画しているところです。

これまで1回90分のレッスンをメインにしてきましたが、たしか10年くらい前までは50分のレッスンもやっていたんですよ。当時はあまり需要がなかったのでやめてしまいましたが。

最近の社会情勢の影響もあるのでしょうか、日々仕事や家事などでお忙しい中、さらに90分とか120分といったまとまった時間を取るのが難しいという方が増えてきたのかもしれませんね。

というわけで、ご興味のある方は今しばらくお待ち下さい!

posted by blog at 12:11| レッスン

2022年03月19日

Monthly Student Report


こっそり学校のサイトをリニューアルしましたが、お気づきになりましたでしょうか。

お目にかかったことのない方には、初めましてですね。
以前の受講生の方は、どうもお久しぶりです。

さて、すでにサイトでもお伝えしていますが、今月から受講生の方に月間受講レポートをお送りします。これは、語彙・読解・文法・リスニング・英作文など分野ごとに、習得の度合いや私が気づいたご本人の傾向や弱点などを分析し、今後の対策や練習法も含めつつ、詳細にご説明するものです。

もともとはお子さんの様子や進捗が知りたいという、大学受験コース生の保護者の方にお送りしていたものでした。それ以外のコースについては、レッスン中に直接お伝えしていましたが、紙に書いてお渡ししたほうが適宜見直していただけるのでいいかも思った次第です。

分量はA4の用紙1〜2ページ程度です。いっぱい書くことがあるときは、紙3枚になるときもあります、はは。

こういった機会がないと、自分の英語力について客観的な評価を知ることはあまりないとおもいますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

すでに受講中の方も順次お送りしていく予定です。どうぞ、お楽しみに!

posted by blog at 18:24| レッスン

2022年03月16日

「だよね」とDay One


タイトルだけで何の話か分かった方は素晴らしいです(笑)

家族と話している時にふと、「昔、『だよね』っていう歌なかった?」という話になりました。

たしか、25〜30年くらい前だったと思いますが、「だよね〜」というフレーズが何度も出てくるヒップホップ系の曲です。当時、かなり流行したのを覚えています。

それで、携帯で検索しようとGoogleに入力してみたら、カナ入力にするのを忘れてアルファベットのまま"dayone"と入れてしまいました。

「まあ、いいか。コレでも出てくるやろ」と思って、そのまま検索したら、なぜか"Day One"という名前のアプリやらジャーナルやら、辞書サイトの"Day one"の日本語訳やらがワラワラと表示されまして、一瞬「は?」と固まってしまいました。

「なんでや……」と思いましたが、よく見たら、Day Oneって、スペルが「だよね」のローマ字dayoneと全く同じなんですね。いやあ、50年以上生きてきて、初めて認識しました。何かすごいショック(笑)。

きっと、Googleが気を利かせて、yとoの間にスペース入れて調べてくれたんですね〜。

それにしても、dayoneとDay oneのスペルが同じって、よく考えれば当たり前ですけど、日本語を入力しているというつもりだとすぐには気が付かないって、思い込みってすごいです。everydayとevery dayの品詞と意味が違うって気がつくほうが簡単かも……。(everydayは「毎日の、日常の」という意味の形容詞です)

これで思い出しましたが、以前海外ドラマを見ているときに、知らないうちに主音声の日本語吹き替えで再生したことがありました。普段は副音声で聞いているので、そのときもいつも通り英語を聞いているつもりだったのですが、なぜかちっとも理解できない。「え、あれ、なんで理解できひんの……?」と焦っていると、しばらくしてようやくそれが日本語音声であることに気が付きました。たぶん10秒前後のことだと思うのですが、それでも、母国語を聞いているのに認識できないって、思い込みってすごいと思いました。

dayoneとDay oneも、これとちょっと似てて、久しぶりに英語と日本語に関わる思い込みの怖さを経験できてよかったです(笑)。




posted by blog at 21:03| 英語関連