2021年05月07日

移転しました!


突然ですが、教室を移転しました。
とはいっても、同じマンションの3階から5階に移っただけです(笑)。

商店街の中にあるということで外からの音とか、あと、上の部屋からの物音が結構響くので、前から移転したかったんですよね。

ただ、このマンション自体は、大家さんも敷地内に住んでるという昔ながらの物件で、大家さんご一家もとてもいい方で、非常に居心地のいいところなので、よそには出たくなかったんです。なので、最上階の5階が空いたら移りたいというお願いをしていました。そして、6年待ってようやく空きが!

大家さんに「空いたけどどうします?」と聞かれて、即決。そして、4月の下旬に移転しました。同じビルの移動ですし、荷物もあまり大きなものがなく引越し業者に頼むほどではなかったので、スタッフと私で1週間ほどかけて、ちびちびと移動しました。

部屋としては2階上の一つ隣になりまして、そのため間取りは全く同じなのですが、これまでのものとちょうど逆、鏡合わせのような配置になります。これまで玄関入ってすぐ左が洗面所だったのに、今は右とか、廊下右にあったレッスンルームが今は左にあるとか、なんか変な感じでしたね。あと、玄関のドアが右開きだったのに左開きになってるとか。大学生のころに住んでいた学生アパートは全室向きも同じだったので、友達の部屋に遊びに行っても、家具が違うだけだったのですが、鏡合わせの間取りというのは、知っているようで知らない部屋みたいで、なんか不思議な感じがしました。

ちなみに引っ越した感触は、最高であります。見晴らしもいいですし、音も軽減されました。毎日決まった時間に上から聞こえてきていた、保育園児の走り回る音がなくなっただけでも助かります、はは。

部屋自体は、これまでいた3階の部屋はリフォーム直後に入ったこともあり新築同様でしたが、今の5階の部屋は少し古い感じです。とはいえ、壁紙を換えてくださったこともあって、レッスンルームはきれいなので、問題ないです。それよりも快適さのほうが上ですね。

大家さんの方も、3階の部屋が思ったよりきれいだったので、次の入居者を見つけやすかったようです。まあ、住んでたわけではありませんし、キッチンのビルトインコンロなんて新品のまま一度も使ったことがなかったので、生活感がなかったのもあるかもしれません。そのせいか、まだ退去して10日も経たないうちに、すでに次の方が入居されてました。よかったよかった。ちなみに、5階のキッチンは、コンロがビルトインではなく、しかも、いかにも年季の入った相当に古いもので、ガス開通時に作業員の方から「不完全燃焼してるから使わないでください」と言われました。うへ。どうせ使わないので、大家さんに引き取っていただきました。

というわけで、新しい場所に移って、何か仕事がはかどる気がしています。この勢いで、原稿の執筆も進めばいいなと思っています。

posted by blog at 13:19| レッスン

2021年04月28日

祝 医大入学!


先日ブログに書いた3浪の男の子から連絡があり、結局、第一希望の大学の二次試験にも合格し、この4月から無事に医大生になったそうです。よかったよかった。

全世界的に困難な時期にある中、医療従事者の重要性はますます大きくなっているので、ぜひ頑張って立派な医師になっていただきたいです。

また、医大に入学してから一ヶ月が経とうとしていますが、先輩や先生方の話を聞いて、英語の重要性を思い知らされたそうです。さらには、将来は海外で勤務したいと思うようになったらしく、しばらく会わないうちに、なんか急にたくましくなった気がします。古い言葉に「男子三日会わざれば刮目して見よ」というのがありますが、それを思い出しました。

そして、さらなる英語力を身につけるべく私のレッスンを受講したいということで、連絡をくれたのでした。合格してからも継続してレッスンを受講してくれるのは、うれしいものですね。

さっそく、今週末から週に一回、1回2時間のレッスンを行う予定です。卒業までにTOEIC950、英検1級合格を目指したいです。



posted by blog at 16:02| レッスン

2021年03月12日

祝 国立医大合格!


火曜日は国立大学前期試験の合格発表日でした。
これまで書いたのとは別の生徒が、国立大学の医学部に無事合格したという知らせをもらって喜んでいるところです。

彼は1浪中で、経済的な事情から私学ではなく国立の医学部を目指していまして、英語だけが弱点という状態でした。実はこの、「他の教科に問題がなく、英語さえちゃんと取れれば合格しそう」というのが、教える方からするとなかなかプレッシャーであります。英語が伸びないまま不合格になったら申し訳ないですしね。

しかも、レッスンの開始が1月の共通テストが終わってからと遅く、「もうちょっと早く来てくれれば……」という状況だったので、なんというか、私にとっても胃の痛い日々でありました。

とにかく詰めて来てもらわなければということで、1回2時間のレッスンを週に2〜3回を受けてもらって、「これならいけるかも」と思ったのは、試験日直前。いや、ほんとにギリギリ……。ひとえに、この間の本人の努力と、ある程度、基礎がきちんとできていたことが大きかったと思います。

ちなみに、一般の大学でも私立と国公立大学の学費の差は大きいのですが、医学部ではそれが顕著になります。国立だと6年間で350〜400万程度なのに比べて、私学だと2000万〜4000万ぐらいでしょうか。ですので、国公立しか行けないという受験生も多いです。レベル的にはどちらも偏差値高いので、私学・国公立ともにひたすら努力あるのみですが、国立しか受験しないというのは、前期・後期と2校しか受験できないので本当に大変ですね。


とりあえず、これでようやく私にとっての受験シーズンも終わりました。今年度は、3人の受験生を受験まで教えて、全員が合格してくれたということで、一安心です。

TOEICのスコアアップや英検の合格もそうですが、こういった報告をもらえると冥利に尽きるというか、そのたびに、この仕事やっててよかったと思いますね。特に、教えるという仕事は、教える側だけでなく、教えられる側の努力がないと結果が出ませんから、頑張ってくれた生徒たちには感謝です。


posted by blog at 14:04| レッスン