2019年09月15日

海外の地名

気がついたら前回更新から1ヶ月以上が経っていました……って、前回と同じこと書いてますね。

いや、せめて一週間に一度は更新したいですのですが、遅筆なものできちんと時間を取らないと書けません。
筆が早い人が羨ましいです。

さて、カタカナ英語の話をしてきましたが、最後にもう一つネタを。今回は、地名です。

Londonは「ロンドン」のように、地名の多くはスペルや発音から分かりますが、中には難しいものもあります。

以下の地名・国名がどこか分かりますか?

1. Munich 2. Geneva  3. Genoa   4. Milan
5. Beijing 6. Bern    7. Vienna  8. Zurich
9. Warsaw 10. Florence  11. Prague  
12. Waterloo(ベルギー)  
13. Bavaria 14. Belgium  
15. Greenwich 
16. San Jose 17. Burgundy  18. Venice
19. Athens  20. the Netherlands

答えは次のとおりです。

1. ミュンヘン  2. ジュネーブ 3. ジェノバ 4. ミラノ
5. 北京     6. ベルン   7. ウィーン 8. チューリッヒ
9. ワルシャワ  10. フィレンツェ 11. プラハ
12. ワーテルロー ※ロンドンのWaterloo駅は英語読みで「ウォータールー駅」。
13. バイエルン(州) ※サッカーのFCバイエルン・ミュンヘンは「バイエルン」のドイツ語"Bayern"を使って Bayern Munichと表記されるようです。
14. ベルギー  
15. グリニッジ(イギリス) ※GMT「グリニッジ標準時」はGreenwich Mean Timeです。
16. サンホゼ(米国)  17. ブルゴーニュ  18. ベネチア
19. アテネ  20. オランダ


他にもあると思うので、海外の地名を英語で話す場合は気をつけたほうがいいかもしれませんね。




posted by blog at 14:45| 英語関連