2019年05月29日

Snap election


お久しぶりです。

ずっと多忙で更新できていませんでしたが、またこまめにブログも書いていこうと思います。サーバーが変わったせいでこれまでのブログが使えなくなったので、こちらも新しくなりました。



さて、昨日、英字新聞のJapan Newsを読んでいたら、ギリシャがsnap national electionを行うことが書かれていました。snap electionは日本語で言えば、「前倒し選挙」です。大抵の場合は、突然の議会解散によって行われます。



snapはもともと、瞬時に動いたり、音が鳴ったり、突然折れたり、キレたりといった意味を持ちます。snap one's fingersで「指をバチンと鳴らす」の意味です。



動詞だけでなく名詞と形容詞もあります。日本語でも、日常の一瞬の光景や気に入ったものをその場でサッと撮る写真をスナップ写真と呼ぶことがありますが、これも英語のsnapshotから来ています。同様に、make a snap judgmentだと「即断する」ですね。



ちなみに、「ホック」「スナップボタン」と呼ばれるパチンとはめるボタンのことは、snap fastner/buttonあるいは、press studなどと呼ばれています。


posted by blog at 10:03| 英語関連